【住宅”初心者”コラム】初めての家づくり!税金もいっぱい!?5種類の税金

こんにちは!

てぃーだ編集部です!

 

初めての家づくりで税金もいっぱい!?

そこで家づくりにかかる税金について調べてみました。

5種類の税金

denntaku

住宅を取得したときの税金

■印紙税(約3.5万~4.5万円)

住宅を新築する場合には建築業者と請負契約書を、住宅資金として銀行などの融資を受ける場合には金銭消費者賃貸契約書を作成します。このような契約書を作成する場合に課税されるのが、印紙税です。印紙税の額は、請負金額は売買金額などによって定められており、収入印紙を契約書に貼って消印することによって納付します。

 

■登録免許税(約2万~4万円)

不動産の登記や住宅ローンを利用する場合の抵当権設定の際にかかる税金。建物の所有権保存登記、土地の所有権移転登記など登記の種類によって異なります。

一定の条件を満たした住宅なら税額の軽減措置が受けられます。

 

■不動産取得税(約6万円)

不動産の取得行為に対して課税されます。不動産取得税には軽減措置があり、適用を受けるには、取得後60日以内に都道府県の税務事務所に申告する必要があり、放っておくと軽減措置は受けられませんのでご注意を。また、土地と建物それぞれに控除があります。

 

※小規模建物(税金の大まかな目安)

住宅を保有しているときの税金(引越し後)

■固定資産税

土地と建物の両方に課税されます。(毎年1月1日支払いが必要となります)

住宅用地や一定の新築住宅については軽減措置があります。

また、1月1日現在で建物が建っていない土地(建築中の土地)については、住宅用地ではなく、一般の土地として課税されます。

 

■都市計画税

固定資産税と同様にかかる税金で、都市計画法で指定されている市街化区域内に土地や建物を所有している場合に課税されます。(毎年1月1日)

住宅用地については一定の軽減措置があります。

また、固定資産税の場合と同じように1月1日現在で建物が建っていない土地(建築中の土地)については、住宅用地ではなく、一般の土地として課税されます。

 

他にも知ってるようで、よく知ってなかった事などたくさんあると思いますので参考になればと思います。

それではまた、

 

 

 

沖縄の住宅に関するイベント情報は
てぃーだ住宅イベントカレンダーをご活用ください。

 

★最新の住宅見学会・相談会情報はこちら♪

http://jyutaku.ti-da.net/

 

2016年9月19日 12:13 PM  カテゴリー: てぃーだ編集部, 住宅

▲TOP