【住宅にかかる税金】住宅には、5種類の税金があるって知ってましたか?

 

jyutaku_tax

 

こんにちわ!
沖縄のモデルルーム、住宅完成見学会、住宅イベント情報のてぃーだ住宅カレンダー編集部フジエです!

 

今日は、住宅の税金について調べてみました!

 

実は、住宅には大きく分けて、5つの税金がかかるんです。

 

その1:印紙税

・新築を建てる際に交わす、建築業者との請負契約書や、住宅を購入する資金として、銀行などからお金を借りる場合に交わす、金銭消費貸借契約書などの契約書には、課税がされます。それを「印紙税」という。
・印紙税の額は、請負金額や、売買金額などによって定められている。
・不動産の譲渡に関する契約書や、件t九工事の請負に関する契約書で、契約書に記載された学が1,000万円を超えるものは、税率が軽減されている。

 

その2:登録免許税

・不動産の売買契約などが成立すると、所有権移転登記や、新築した場合にあう保存登記、また、銀行などでローンを利用する際に、抵当権の設定登記が必要になります。この登記の際に課税されるのが、「登録免許税」
・登録免許税の額は、不動産の価額や、登記の目的により一定の税率をかけて計算されます。
・一定の要件に該当する住宅の移転登記や、保存登記、抵当権設定登記については、特例があり税額が軽減される。

 

その3:不動産取得税

・家を購入するなどで、不動産を取得したときに課税されるのが、「不動産取得税」
・不動産取得税の額は、不動産の価格に、取得した不動産の種類によって、一定の税率をかけて計算される。一定の要件に該当する住宅や、土地を取得した場合には、特例があり税額が軽減される。

 

その4:固定資産税

・毎年1月1日に各市町村の固定資産課税台帳に記載されている土地や、建物にかかる税金を「固定資産税」という。
・住宅用地や一定の新築住宅については軽減措置がある。
・1月1日までに建物が建てられていない土地は、住宅用地ではなく、一般の土地として課税される。

 

その5:都市計画税

・都市計画法上の市街化区域内にある土地や、建物について固定資産財と同様にかかる税金の事を「都市計画税」という。
・住宅用地については一定の軽減措置がある。
・固定資産税と同じく、1月1日までに建物が建っていない土地は、住宅用地ではなく、一般の土地として課税される。

 

家を建てる準備をするにも税金はかかりますし、住んだ後も税金はかかるんですね。。
お金かかる~。。のは当たり前ですが。。

ただ、その5の「都市計画税」は、そのエリア(市街化区域内)に入っていると課税されるものなので、家を選ぶ際には必ずチェックする必要はありますよ!

ぜひご参考あれ♪

 

 

【最近の記事】
【建築業界人手不足】沖縄県、県建設業協会が厚生労働省の緊急雇用創出事業を活用するようです。
【家購入者は何を我慢したのか?】家購入に伴い、家電が売れているとのニュースを見たが・・・
【沖縄に家を建てたい皆様】糸満市「しおざきタウン」下見に行ってきました♪
【住みたい家のイメージの整え方】自分が建てたい家のことって、案外自分が知らなかったりする。
【家づくりで気になるマネーのこと】住宅ローン?自己資金はいくら?いったいどれほど必要なのか?
【坪単価の落とし穴】しっかり確認したい「坪単価」は「延べ床面積」か「施工床面積」か?
【条件で異なる建物の価格】同じ仕様でも斜面や土地の条件でも価格は変わってくる

 

 

沖縄の住宅に関するイベント情報は
てぃーだ住宅イベントカレンダーをご活用ください。

 

★最新の住宅見学会・相談会情報はこちら♪

http://jyutaku.ti-da.net/

 

 

2014年8月26日 1:00 PM  カテゴリー: てぃーだ編集部

▲TOP