【今、家は買い時なのか?】10%増税が気になるあなたへ送る参考資料発見。

下半期、住宅は買い時なのか?

消費税の増税はあるのか?
▲きっと皆様気になってるはずです。10%に上がるんですかねー。。。

 

こんにちわ。住宅カレンダー編集部新垣です。
住宅金融支援機構が、「平成26年度下半期における住宅市場動向について」を公表しているので共有したいと思います。
2014年12月には安倍総理が発表することになっている「消費税10%」への決断。
はたして上がるのかどうか?
経済状況や小渕優子氏の経産相辞任も相まって、連日連夜ニュースでも意見が飛び交っています。
住宅購入を検討している方々にとって気になる点といえば

 

「増税するかもしれない。はたして今は買い時なのか?」

ですよね。

 

 

住宅金融支援機構が、「平成26年度下半期における住宅市場動向について」に、参考になるような内容がありましたので、参考にしてみてはいかがでしょうか?

http://www.jhf.go.jp/files/300194105.pdf

 

 

 

一般消費者、ファイナンシャルプランナー、住宅事業者を対象に行ったアンケートが元のデータのようです。

それぞれの見解で、いったいどのように考えているのでしょうか?

 

 

下半期は買い時か?(調査対象:一般消費者)

 

 

平成26年度下半期は住宅買い時か?

※詳細は→住宅金融支援機構は、「平成26年度下半期における住宅市場動向について」より

 

 

■平成26年10月~平成27年3月までは、

住宅の買い時だと思いますか?

 

買い時だと思う 72,3%

買い時だと思わない 27,7%

 

 

■買い時だと思う要因

 

住宅ローン金利が低いから 64,3%

今後消費税税率が10%に引き上げられる予定だから 49,4%

今後住宅ローン金利が上がると思うから 27,4%

住宅ローン減税やすまい給付金等消費税率引き上げ後の対策が充実しているから 20.0%

 

■買い時だと思わない要因

 

今後も消費税率が引きあげられることで家計負担が増えるから 36.1%

住宅ローン減税やすまい給付金等消費税率引き上げ後の対策が不十分だから 31,1%

住宅価額が上昇しているから 28,3%

将来の収入に不安があるから 27,5%

 

 

 

下半期は買い時か?(調査対象:ファイナンシャルプランナー)

 

 

2014年下半期、住宅は買い時か?ファイナンシャルプランナーの意見

■平成26年10月~平成27年3月までは、

住宅の買い時だと思いますか?

 

買い時 31,5%

どちらかと言えば買い時 40,7%

どちらとも言えない 24,3%

 

 

■「買い時」又は「どちらかと言えば買い時」とする要因

 

住宅ローン金利の低水準 92,3%

次の消費税率引き上げ(8%→10%)前であること 41,0%

金利先高観 25,6%

 

 

いかがですか?

 

 

消費税率引き上げがあるのかないのか?

住宅は今買い時なのか?

色んな人の意見や考えを聞きたいですよね。

やはり、ファイナンシャルプランナーのかたや住宅のプロ、設計士さんなどに直接お聞きしたいところです。

 

 

でも皆様、忘れないでください。

一番大切なのは「あなたが家を建てたいのかどうか」です。

 

 

どんな家を建てたいですか?

どんな暮らしをしたいですか?

どのようなライフスタイルで過ごしたいですか?

 

 

家づくり=お金の話

それもそうですが、

「本来家づくりは楽しいもの」

 

 

楽しい家づくりができるか、失敗するかは「パートナー選び」にかかっています。

ぜひ、住宅金融支援機構は、「平成26年度下半期における住宅市場動向について」資料を参考に、

沖縄のいろんな工務店や設計事務所さん、住宅メーカーにお話を聞きに行ってください。

見学会情報を見つけたら、必ず行ってください。

情報収集をし、プロの意見やその企業のスタンスなどを自分の肌で感じ、

そして、大事な大事な「家づくりのパートナー」を見つけてください。

 

 

その切っ掛けとしての「完成見学会」や「住宅イベント」

てぃーだ住宅カレンダーでは、そのような情報を集め掲載しています。

 

 

皆様の楽しい家づくりのために…

 投稿:新垣 プロフ用

 

※参考資料:住宅金融支援機構は、「平成26年度下半期における住宅市場動向について」

※この記事は2014年10月22日現在の内容となっております。

2014年10月22日 9:20 PM  カテゴリー: てぃーだ編集部

▲TOP