【気になる消費税】はたして税率は上がるのか?政府が「贈与非課税 段階的に拡大」の方針を固めたと新聞にありました。

※この記事は2014年10月30日現在の内容となっております。

はたして税率は上がるのか?

▲はたして税率は8%~10%にあがるのか?

 

こんにちわ、住宅カレンダー編集部です。

 

今朝の新聞で「贈与非課税 段階的に拡大」の見出し。

親や祖父母から資金をもらって住宅を購入しようとしている皆様には朗報ではないでしょうか。

まだ決定ではないようですが、ほぼ決定のような気がします。ということは税率が上がることもほぼ確実なのか!?

増税に関しては、様々な見解やご意見があり賛否両論。しかし、贈与非課税の段階的拡大となると「うれしい」「助かる」というかたも多いはず。

税率が上がるまえに請負契約をした方がいいのか、それとも今後、贈与税非課税や住宅ローン減税の拡充などがさらにあり、10%になってから買ってもそれほど差額は出ないのか!?

状況を慎重に見ているかたも多いはずです。

 

”政府は29日、親や祖父母から資金をもらって住宅を購入する場合の贈与税非課税制度を拡充する方針を固めた。”

※2014年10月30日 沖縄タイムスより

 

注文住宅を検討している方々にとって、増税と建築請負契約の時期はとっても気になるところですね

なぜなら

 

消費税率増後の動き※2014年10月30日現在の内容

もし、2014年12月に税率10%が確定した場合、経過措置は2015年3月31日。

注文住宅の場合、2015年3月31日までに請負契約をすれば、引き渡しが2015年10月以降でも税率は8%のまま。

(売買契約の場合は、契約期間に関係なく引き渡しが2015年9月31日までなら8%。)

 

現在注文住宅を検討なさっている方々にとって、悩ましい時期ですね。

読書の秋、食欲の秋、悩ましの秋。。。

 

増税も気になるところですが、「贈与非課税 段階的に拡大」のニュースにうれしい!と感じるかたも多いのではないでしょうか。

 

※この記事は2014年10月30日現在の内容となっております。

 

沖縄で家づくりのパートナーを探すのなら「住宅カレンダー

 

 

2014年10月30日 5:37 PM  カテゴリー: てぃーだ編集部

▲TOP