「エアコンのお掃除」

今年の夏も暑かったので、エアコンが大活躍したのではないでしょうか?

最近はだいぶ涼しくなりエアコンもお休みしているご家庭も多いのではないでしょうか?

エアコンは使う前(来年の夏前)にお掃除しますか?

使った後(今年)にお掃除しますか?

オススメは、今でしょ(古)

 

エアコンのお掃除は、専門業者に頼めば手っ取り早いですが、お金も掛かりますし、

特に忙しいご家庭では時間を合わすのも大変なので、

自分で簡単にできる「エアコンのお掃除」方法をお伝えしますね。

 

*一般的な壁掛け用のエアコンのご説明です。

 

1023みらいホーム_1

 

①まず最初にコンセントを抜いておきます。

 

②エアコンの下の壁と床をビニールなどで養生します。

 

③フロントカバーを開けて、網状のフィルターをはずします。

*外すときにちゃんと戻せるように収まり具合もチェックして下さい。

 

1023みらいホーム_2

 

④フィルターに付着しているホコリを掃除機で吸い取ります。

*汚れ具合によって、ブラシ、水洗い、洗剤を使い分けて下さい。

 

1023みらいホーム_3

 

⑤送風口のルーバー(風の方向を調整する羽状のもの)を簡単に取り外せるタプは取り外します。

取り外しが難しそうなものはそのままの状態で、汚れに応じた方法でキレイにして下さい。

(私の場合、取り外しができたので水で洗い、乾いた布で拭きました)

 

⑥ルーバーの奥をよく見ると丸いファンが見えます。取り外すと元に戻すのが大変なので、

手が入る場合は布で拭いて下さい。手が入らない場合は、使い古しの歯ブラシなどでこすって下さい。

 

1023みらいホーム_4

 

⑦エアコンの一番大切な役割をしているフィン(熱交換機)ですが、多くがアルミ製なので、

衝撃に弱いのでホコリや汚れが気にならなければ何もしない方がよいですが、ホコリが気になる場合は

掃除機で、汚れが気になる場合は湿った布で丁寧に拭いて下さい。

 

⑧ルーバーを元に戻します(取り外した場合)、フィルターを元に戻し、フロントカバーを閉めます。

 

1023みらいホーム_5

 

⑨養生(ビニールなど)を外して、コンセントを差し込み、試運転をして終了です。

 

今回のポイント

①作業に入る前に必ずコンセントを抜いておく

 

②少しでも不安がある場合は、分解したり、フィン(熱交換機)をさわらない。

 

③お掃除しても汚れ落ちが悪かったり、カビ臭さがする場合は専門の業者に相談して下さい。

 

 

 

 

*キープ・キレイ活動やキレイコンシェルジュに興味を持たれた方は、

キレイコンシェルジュ協会のHPをご参考に!

 

 

2015年10月23日 1:47 PM  カテゴリー: お掃除

▲TOP