年末大掃除を楽にするコツ!

こんにちは、株式会社みらいホームのキレイコンシェルジュ上江洲崇(うえずたかし)です。

前回、12月末の仕事納め後よりは11月からはじめるといいですよというお話しをしました。

今回はコツのお話しですよ!

 

1 汚れの本質を知る

家の汚れの大半はホコリが原因。

蓄積したホコリに油分や水分がくっつくことで、こびり付き、落ちにくくなるという。

普段からホコリをためないように心掛けることが、大掃除の手間を省くことにつながる。

 

001

 

2 完璧を目指さず、できるところまでと割り切る

完璧を目指すには、まとまった時間が必要になる。

コンロの焦げ付き、シンクの水あかなど、汚れに神経質になっていると次の場所に進めない。

落ちるところまででいい、と割り切ることも大切だ。

 

003

 

3 やる気を刺激する

掃除の極意は「洗剤」「道具」「手順」です。

まず洗剤は、いきなり強力なものを使わないこと。

食器用の中性洗剤は意外と万能で「薄めて使えば、手軽で安全です」。

2度拭きが必要だとそれだけで手間。

「植物由来のものなど、2度拭きがいらないものを上手に選んで使って」。
男性や子どものやる気を刺激するには、楽しく、使いたくなるような道具をそろえるのもポイントです。

「男性はカッコいいものが好きですよね。

そろいのTシャツやつなぎなど格好から入るのも手」です。
男性が掃除に関わらない、うまくできないのには、手順ややり方が分からないことがあるという。

場所ごとに手順やコツを記したマニュアルを置いておくと、家族の誰でも掃除がしやすい環境になります。

 

4 掃除しにくいところはプロに依頼する

キッチンのレンジフードやトイレ、風呂場など、個人で掃除しにくい場所は、思い切ってお掃除専門業者に依頼するのも手。

すべて自分でやろうとすると、できないことがストレスになる人もいる。

できない自分を責めないように。

ただ、お金がかかることなので、予算もしっかり考えて利用を。

 

 

 

*キープ・キレイ活動やキレイコンシェルジュに興味を持たれた方は、

キレイコンシェルジュ協会のHPをご参考に!

2015年11月20日 3:35 PM  カテゴリー: お掃除

▲TOP