【てぃーだ住宅情報】失敗しない部屋探し「夜10時に現地を下見するべき」と専門家が語るが…

こんにちは、本サイト担当の三上です。
先日、こんな記事を見つけました。
NEWSポストセブンで、「失敗しない部屋探し」というのがあり、5つのポイントを提唱していました。
【1】収納は自由度の高さで選べ!
【2】最上階は冷暖房費がかさむので注意
【3】築10年以上の物件を狙え!
【4】内見では天井の高さを要確認
【5】夜10時に現地の下見をすべき
ここにその理由が書かれているので見てみると、なるほど納得の内容でした。

http://www.news-postseven.com/archives/20130317_177216.html

しかし!!
この「【5】夜10時に現地の下見をすべき」については、ひと言もの申したい!
沖縄の夜10時はまだ人々が動き出してないくらいの時間帯。
すなわち、沖縄には通用しない。

暴走族などが出始める12時頃を見に行くのがいいのでは?
そもそも12時頃は、沖縄ではお酒を飲み始めたくらいの時間帯…。
もしくは早めに飲み始めてたら2次会が始まるくらいのレベル。
ちなみに僕の住むアパートは、夜12時頃から南のビルのスナックから酔っぱらいのカラオケの歌が聞こえてきて、北の58号線からは暴走族が走りまくっている。
これ、賃貸の例のようですが、建売物件に関しても同様のことが言えるし、分譲マンションにも言える気がするのでちょっと参考にしてみるのもいいかもですね!!

2013年6月4日 10:31 AM  カテゴリー: 住宅

▲TOP