【てぃーだ住宅情報】10万世帯がマイホームを失う?住宅ローンの組み方に注意!!

こんにちは。本サイト担当の三上です。
今回はずっと載せようか載せまいか悩んだ記事なんですが、事実を語っていくべきと考え、あえてこのサイトを見ている人達を不安にさせてしまうような内容に触れたいと思います。
1週間以上前に大きく報道された内容なので、知っている方も多いでしょう。

先日Yahoo!!ニュースで流れていた驚愕の内容。

マイホームを強制的に取り上げられる人が急増しそうだ。
3月末で「モラトリアム法」(中小企業金融円滑化法)が期限切れになり、年内だけでもローン破産する家庭が約10万世帯に達する可能性があるのだ。
09年12月から始まったモラトリアム法で、リストラや会社の倒産などで住宅ローンの支払いが滞っていた庶民も、返済猶予などの恩恵が得られた。
だが、この法案が失効した直後の4月、「配当要求終期公告」で自宅を裁判所に差し押さえられた人は、東京23区だけでも約200件。前年同月比で1割ほどの増加だ。
これからもっと深刻な事態が来る。
住宅金融シンクタンク「三友システムアプレイザル」の森信愼二郎氏がこう言う。
「競売の数字ではっきり出るのは、6カ月ほど先になるでしょう。法案が終了しても、すぐに返済に行き詰まるわけではありません。これからが心配です」
マイホームを手放すまいと数カ月は持ちこたえるが、いずれはパンクしてしまうという予測だ。 
モラトリアム法で返済猶予を受けていた住宅ローン債務者は、昨年9月時点で延べ23万件、支払猶予額は3兆6000億円に達する。
09年に年間6万2000件ほどだった競売件数は、この法律の施行によって年間で約1万6000件も減った。
つまり、3年間で約5万世帯が自宅の差し押さえを“延命”されたことになる。
だが、法律がなくなった今、今度はこの5万世帯が一気に破産する可能性が出てきたのだ。
また、モラトリアム法の恩恵に浴さない今年の競売も、例年通りであれば年間6万件ほどある。
合わせると、11万件近くになる計算だ。
「ローン金利も上がる可能性があり、変動でローンを組んでいる家庭は苦しい。銀行が早く、より確実に債権の回収に走ることも考えられます」(森信愼二郎氏)
法案の期限切れと金利上昇のダブルショックで、夢のマイホームを手放す危機が出てきた。

モラトリアム法についてより詳しく知りたい方は、ここに載っていたのでURL載せておきます。

http://www.e-shihoushoshi.com/saimu04/qanda/qa14.html

今この住宅見学会サイトを見に来ている方々は、


比較的住宅をこれから買おうと思っている方々だと思うので、あまり該当する方はいないと思いますが、自分の身の回りでもこの影響を受けてマイホームを手放そうとしている人がいます。
その人は病気で長期入院をしたため会社を辞め、なかなか働き先が見つからず、返済の見通しがつかず、こういった結果になったようです。
でも住宅ローンというのもこういったものに対して柔軟だといいんですけどね…。
いろいろ専門家に聞けば方法はあると思います。
今回言いたかったのは住宅ローンは世の中の傾向にアンテナをはって、返済計画を立てて、自分の生活により合った無理のないものを選んでいくことを考えた方がいいということ。
住宅会社さんは住宅相談会や、住宅ローンの相談会なども多々行っています。
そういったところからどのくらいの借入ができて、どんな家が建てられるかを考えながら見学会に臨みたいですね。
今回の写真は記事を読む前と後で見え方が変わるのではないでしょうか?

2013年5月21日 11:52 AM  カテゴリー: 住宅

▲TOP