【住宅”初心者”コラム】初めての家づくり!フラット35ローン

こんにちは!

てぃーだ編集部です!

今回はフラット35ローンについてです。
035
フラット35のローンに条件があるのをご存知ですか?

フラット35の住宅の条件とは

■住宅の面積が70㎡以上(上限はなし)
■住宅の耐久性などについて住宅金融支援機構が定めた技術基準に適合すること
(検査機関または適合証明技術者が発行する適合証明書の交付が必要)
■共通条件+建築費が1億円以下
(建築に付随する土地購入費、建設費用、敷地の調査・整地費用、外構工事費用、敷地内の既存家屋の取り壊し・除去費用など含む)

フラット35融資を受ける条件

住宅ローンの限度額は、いくら借りられるかではなくて、いくら返せるかで考えることです。
いはいえ、ローンの種類によって借入の限度額も決まってきます。
住宅金融支援機構がバックアップするフラット35の融資を受けるためには、住宅について住宅金融支援機構の定める条件に適合して
いる必要があります。
例えば住宅面積は70㎡以上、新築住宅の場合には基礎の地面からの高さが40cm以上などの条件があります。
また、申込者の条件は申込日現在で原則70歳未満であり、自分で所有して住居する住宅を建てる人です。
借入れる人の年収が400万未満の場合は年間返済額が年収の30%以下、年収400万以上の場合は年収の35%になる金額までしか借入れる事
ができませんのでご注意ください。

 

 

 

 

それではまた、

沖縄の住宅に関するイベント情報は
てぃーだ住宅イベントカレンダーをご活用ください。
★最新の住宅見学会・相談会情報はこちら♪

https://jyutaku.ti-da.net/

 

 

2016年10月17日 1:22 PM  カテゴリー: てぃーだ編集部, 住宅

▲TOP