【てぃーだ住宅情報】GWの住宅展示場は全国的に混み合っていた!いよいよ住宅の戦国時代の幕開けです!

こんにちは!本サイト担当の三上です。
住宅業界にとってGWは、ユーザーの購買意欲を最も高める時期として考えられており、各社とも総力を挙げ、顧客獲得を目指す時期となっています。
全国ニュースでも内地の住宅展示場が混み合っている様子が流れていました。
沖縄のGWはどうだったのかをきちんとはリサーチしていないのですが、実はこのサイトが想像以上にアクセス数が伸びたんです。
通常てぃーだブログ全体は長期休暇の時期は普通の日よりもアクセス数が減るんですが、このサイトに関しては通常、もしくはそれ以上の数値を推移していました。

これは、アベノミクス効果に加え、消費税増税前の駆け込み需要があったからというのは大方の予測通り。
中でも消費税増税に関しては、今年の9月末までに契約をすれば、来年4月以降の引き渡しでも従来の5%の消費税で済むため、そろそろ検討に入ろうと考えるユーザー予備軍が多かったようだ。
昔このことに関してはじっくり書いているので、ぜひ読んでみて下さい。
詳しくはこちら。

入場者数が前年より147%だった中堅住宅メーカーのアキュラホームは「やはり消費税増税を視野に入れている方が多く来場され、具体的な優遇措置なども確認されていました」(同社展示場スタッフ)。

こういったことは沖縄でも各社、問い合わせが増えているという言葉もよく聞く。


とある企業では「駆け込み需要は昨年末から始まっている」というところも…。

住宅生産団体連合会の「平成25年度住宅業況調査」によると、今年1月~3月の戸建注文住宅の受注実績は前四半期に比べて総受注棟数39ポイントのプラスで、前期のマイナスから一気にプラスに転じており、総受注金額においては5期連続のプラスとなった。
また、4~6月の見通しは、総受注棟数・金額ともにプラスとしており、各地域とも大幅にプラスになるとしている。
他にも国土交通省が5月10日に発表した2013年3月の建築確認申請件数は木造住宅などの建築物が8か月連続で前年同月比がプラスとなっており、住宅市場の活況ぶりが伺える。

おそらくまだまだ「消費税って来年4月からだから3月までは大丈夫。」と思っている人が多い。
「え?9月までに契約しないとダメなの?」と急ぎだす人がおそらく夏場に激増するでしょうね。

そうなった時に、いい物件を買えるか?なるべく早くに住み始められるか?何より住宅を建てることに対しての知識があるかないか?が非常に時間短縮や、納得のいく住宅造りにつながると思います。
あまり急がせてもいけませんが、いろんな意味で、今のうちですよ?とだけ忠告しておきましょう。

2013年5月14日 10:32 AM  カテゴリー: 住宅

▲TOP