【住宅”初心者”コラム】初めての家づくり!省エネの基本は断熱

こんにちは!てぃーだ編集部です!
今日は、省エネについてです。
みなさん、省エネしてますか?
省エネはいろいろあると思いますが
省エネの基本は断熱です。

house_dannetsu

断熱でエネルギーを節約

断熱とは、伝導による一方の熱を他方に伝わりにくくすることです。
建物を断熱化することで、冬の寒さや夏の暑さを室内に入りにくくし、連暖房でエネルギーのロスを減らします。
断熱化すると天井や壁、床の表面温度が外気温に左右されにくくなるので、放射熱の影響が快適になります。断熱が足りなければ外気温が伝わりやすくなるので室内に不快な影響を及ぼします。暑い夏は表面温度が高くなり、エアコンをかけても涼しいと感じにくく、寒い冬には気温を上げても表面温度が低く、暖かいと感じにくくなります。断熱することにより放射や対流による不快な影響を減らすことで、住まいで使うエネルギーを節約できます。

断熱化の注意点

省エネ住宅のために、断熱化は大変重要ですが、あわせて気をつけるべき注意点があります。一つ目は「結露」です。結露は空気中にある水蒸気が冷たい部分に触るなどして飽和水蒸気量を超えると発生します。気温が高いよりは低い方が水蒸気をして空気中に存在できる量が少ないため、断熱化により内外部の温度差が大きくなると結露ができてしまいます。また、結露は壁の中などの見えない部分にも発生します。結露が発生すると、断熱材が濡れて性能が下がったり、濡れた部分で建物が腐ってしまうなどの問題が生じます。また、ダニ、カビなどのアレルゲンやシロアリが好む環境をつくり住まいに被害を及ぼすだけではなく、健康障害を引きおこす要因にもなります。
こうした状況を防ぐ為には、断熱材や工法によって防湿層を室内に施工する必要があります。防湿層には、水蒸気を通さない防湿シートを使用しますが、このシートの施工精度も大切になります。合わせて外壁側に通気層を設置することにより、湿気を逃がすことができる施工法をすることをオススメ致します。
二つ目は、開口部の位置や大きさ、仕様です。方位にもよりますが、開口部から日射が入ります。冬は日射が入れば暖房の必要性が下がり省エネにつながりますが、夏に日射が入ると、断熱化した住まいから熱がなかなか抜けなくて冷房のエネルギーが必要となるので注意が必要です。
こちらにつきましては日射のコントロールが必要となりますので、次回お話ししたいと思います。

 

 

◆高断熱:断熱材を壁や屋根、床に施工することによって外の寒さを室内に伝わりにくくすると同時に、室内の暖かさを外に逃がさないようにすること。
◆結露:防湿や、湿気を逃がすための工夫をしましょう。
◆開口部:窓を断熱化することで内外の温度差を緩和
※断熱化により生じる内外部の温度差には弊害がある、特に結露と、開口部からの日射による影響には要注意!

 

沖縄の住宅に関するイベント情報は
てぃーだ住宅イベントカレンダーをご活用ください。
★最新の住宅見学会・相談会情報はこちら♪
http://jyutaku.ti-da.net/

2016年12月28日 1:43 PM  カテゴリー: てぃーだ編集部, 住宅

▲TOP