【てぃーだ住宅情報】ついにスマホで住宅設備の操作が!近未来の住宅がどんどん現れますね!

こんにちは。本サイト担当の三上です。
4/8付の日経新聞にこんな記事がありました。

タマホームはスマートフォン(スマホ)で住宅のカーテンの開け閉めや照明の明るさを調整できるシステムの提供を始めた。
スマホのタッチパネルや音声入力で家電製品や住宅設備を操作する。
同社が施工する新築の戸建て住宅への導入を提案するほか、既存の家への追加工事にも対応する。
スマホを使って「天窓を開ける」など操作、ネットワークを介して室内に設置した赤外線リモコンを作動させる。
赤外線を用いて電動の天窓やシャッターを開閉させたり、テレビやエアコンを作動させたりする仕組み。
オーディオ機器の音量調整などにも使える。


数年前にペットの家の様子を外から見れたり、
防犯ビデオなどを外から見れるシステムがあるのは知ってましたが、


こういった機能を持った家が出てくるとは…。
外からケータイでテレビの録画もできるようになりましたし、
今やルンバのように、家にいない間に掃除をされている状態も
当たり前になってきましたからね。
今回の記事を読むと、テレビやエアコンのつけっぱなしや
電気のつけっぱなしなど、「はっ」とした時に確認できるようになっていいですね。
電気の無駄遣いもなくなります。
今後は雨が降り出したら洗濯物に屋根が自動的にかかったり、
外出中に風呂やトイレの掃除をしてくれるロボットや機械も出てくるのかも…?
こういった家を建てる会社にとっては関係のないところにまで手を伸ばし、
どんどん広がっていくんでしょうね。
住宅会社が家電会社に声をかけたのか、
家電会社が住宅会社に声をかけたのかは分かりませんが…。
どちらにしろお、より生活が快適になって住みやすい家づくりというものが
消費者に届けられることはありがたいことですね。

2013年4月9日 10:02 AM  カテゴリー: 住宅

▲TOP