【てぃーだ住宅情報】消費増税について、5%でいられるのは2013年9月契約までって知ってました?

こんにちは。てぃーだ住宅見学会・セミナーカレンダー事務局の三上です。
なんだかんだで現在、住宅に関してもそれ以外でも
「駆け込み需要」という言葉が使われていますね。
ご存じの通り、2014年4月の消費税の増税にともなって
増税される手前で家を購入する人が増えることを表しています。

今日は現状の住宅に関しての消費税がどういう状況なのかを
僕なりに簡単な言葉でまとめたいと思います。

【注意】今回のお話は2014年4月のお話なので、
    2013年4月とお間違えのないよう、よろしくお願いいたします。

    また、あくまで消費増税もまだ予定ですので、確定ではありません。
財務省は2013年3月8日に、こんなルールをまとめています。
2014年4月の消費増税に関連し、


13年9月末までに契約することなどを条件に、
商品の受け取りが14年4月以降の場合でも5%の税率の適用を認める。

もちろん注文住宅もこれに該当します。
ということはですよ!
逆に言うと、
2014年の3月に住宅を契約しても3月中に支払いをする人はいいとして、
2013年9月までに契約を済ませないと、税率8%になった日より後の支払いについては
5%にならないということになりますね。
消費税は商品を受け取る時にかかるのが原則。
税率は14年4月1日から8%に上がる予定だが、
住宅などの場合、契約内容に応じて14年4月以降の引き渡しでも5%の税率を適用する。
注文建築の一戸建て住宅の購入や大型のリフォームの場合、
増税の半年前の13年9月末までに請負工事の契約をしていれば、
引き渡しや代金支払いの一部が14年4月以降にずれ込んでも税率は5%とする。
マンションの大規模修繕なども同じ扱いになる。
新築マンションを完成前に購入契約し、
内装を変える工事を注文しない場合、
引き渡しが14年4月以降なら消費税率は8%になる。
畳や扉など内装を一部変える工事を注文すれば税率は5%だ。

これって盲点じゃないですか?
電気代やガス代などで、増税日の4月1日をまたいで
1カ月分の料金を徴収する場合は、
その月の分に限って税率は5%になる。
14年4月以降のコンサートチケットなども、14年3月末までの購入なら税率は5%だ。
自分も住宅に関していろいろ調べていますが、
住宅についていろいろ調べるようになったのはごく最近の素人なので、
詳しい話というのは信頼のおける住宅会社の方に聞いてみてください。
今から考え出せばまだ半年あります!!
真剣に住宅購入考えましょう!
1,000万円の家 → 消費税5% → 50万円
           → 消費税8% → 80万円
その差30万円!!
2,000万円の家 → 消費税5% → 100万円
           → 消費税8% → 160万円
その差60万円!!

この差額をなくすには9月までにどれだけ動けるか?ですよ!!

2013年3月27日 10:45 PM  カテゴリー: 住宅

▲TOP