【マンション購入の基礎知識】面倒ですけど、朝、昼、晩とチェックしましょう。模擬通勤なんてベストです。

物件が気に入ったら、次は執拗なまでもチェックすることをオススメします

気に入った物件が見つかったりしたら、現地を見学に行きましょう。

でもこれが意外と面倒でして…ある「特定の曜日や時間だけに偏った」見学では実は正確に情報を入手出来ない場合があります。

出来るだけ、朝・昼・晩と時間帯を変えて行ってみる事。そして曜日や、天候が違う時にも現地に行ってみることがとても大切になります。

 

kankyo

 

 

 

 

 

 

 

 

「忙しいから平日は難しい」というのもあるとは思います。ですが、一生に一度の買い物といってもよい訳ですから、その買い物の割には「本当にそれで良いの?」ということにはならないでしょうか。

もしかすると、その環境で以後何年、何十年と生活する場所になりうるわけでもあります。ですから物件をチェックしたら、地図やデジカメ、メモなどを片手に何度も物件周辺に赴くことではないかと思います。

意外と、マンションの駐車場から外に出る時時間がかかるなぁ….とか、朝や昼は静かだけど、夜は暗くて、意外と物騒な感じがする…とか、「その時に行かないと」見えてこない事もたくさんあるからです。

 

…それでも、いざ入居してみると「想定外」の事が発生してしまったりもします。

ですので、可能なうちにその「想定外」を減らす努力をすることはとても大切だと思います。

 

模擬通勤なんて最高なチェック

 

現地では、日常生活を再現してみるのが一番です。その時間帯にその場所から会社に行ってみるなどの「模擬通勤」などしてみるのも良いと思います。

幹線道路への渋滞が意外と酷かったりするかもしれません。雨の日には近くの道路のかん水が発生していたりするかもしれません。

マンションの駐車場から付近の道路状況まで「実際に生活目線」でチェックするのが良いという事ですねー。

結論として、事前に環境を十分に把握しているのといないのとでは、いざ住んでみたあとの住み心地がまったく変わりますよ…という事です。

 

面倒ですけど、気に入った物件に出会えるまで妥協は禁物です。

2014年2月1日 12:00 AM  カテゴリー: マンション

▲TOP