【坪単価】ちょっとまった!その坪単価は「延べ床面積」か「施工面積」か?

坪単価

■坪単価とは?

 

こんちわ。てぃーだマンション住宅イベントカレンダー編集部です。

 

「坪単価〇〇万円!」というチラシや広告をよく見かけませんか?

 

でもこの「坪単価」って?なんでしょうか?

 

ということで調べてみると

 

「坪単価」とは、家を建てるときにかかる1坪あたりの建築費だそうです。

 

その「坪単価」の計算方法は、どうやら2通りあるようですよ。

 

■延べ床面積、施工床面積

 

「延べ床面積」とはベランダや玄関ポーチ、収納部分を含まない面積。

「施工床面積」とはそれらを含む面積。

 

ということは単純に「施工床面積」のほうが広いということですね。

 

「広い」=「坪数が多い」ということですね。

 

単純に割り算をする坪数が多ければ「坪単価は安くなる」ということです。

 

■チラシを鵜呑みにしないで

 

坪単価〇〇万円!という広告に出会っても、

その坪単価は

 

「延べ床面積」で割ったものなのか?

 

「施工床面積」で割ったものなのか?

 

確認する必要がありそうです。

 

単純に「安い!」っと飛びつくと・・・のちに・・・

「話が違うじゃないか!」っと業者ともめることにもなりかねません。

 

チラシに掲載されている「坪単価」を鵜呑みにせず、しっかり業者に聞くということだと思います。

 

その坪単価は

「延べ床面積で計算したものですか?それとも施工床面積で計算したものですか?」

しっかり確認しましょう。

 

マンション購入や、家づくりには「家にまつわる知識の習得」も重要だと感じます。

 

是非、見学会やモデルルームに行って業者を質問攻めにしてください。

 

そして、「知識付け」「情報を得て」

良い家づくりをしてくれる「パートナー」をじっくり選んでください。

 

———————————————————————————-
てぃーだ住宅カレンダー
https://jyutaku.ti-da.net/
———————————————————————————-

2014年2月7日 8:52 PM  カテゴリー: てぃーだ編集部

▲TOP