株式会社 アースティック那覇

企業データ

企業名
株式会社 アースティック那覇
本社所在地
901-1304 沖縄県与那原町東浜100-1ラベルダ 1F
地図
支店所在地
中部支店:沖縄市与儀3-15-1
営業時間
10:00~18:00
定休日
水曜日
電話番号
098-882-8310
FAX
098-882-8320
HP
http://www.earthtic-naha.co.jp/
blog
http://earthticnaha.ti-da.net/
Facebook
https://www.facebook.com/earthticnaha

企業詳細

事業内容
注文住宅・建売住宅・マンション・リフォーム・増改築
資本金
1 百万円
加盟団体
(社)全日本不動産協会会員 (社)不動産保証協会会員 (財)住宅保証機構登録店 (社)日本住宅建設産業協会会員

098-882-8310

  • メールでお問い合せする
  • この企業へ資料請求

セールスポイント


てぃーだ住宅カレンダー様から
施主様インタビューを受けました。

石川様邸

詳細は画像をクリック

もしくは下のリンクをクリック

【勾配天井の家】沖縄県うるま市に”木造住宅”を建てた石川様ご一家にお話しをお伺いしました。

株式会社アースティック那覇
公式サイト




------------------------------
木造をススめる理由
------------------------------



コンクリート住宅って、沖縄の常識なの?

戦後、沖縄ではコンクリート住宅が普及。大型台風に耐えるには、当時としては当然のことと思います。 しかし、建築ラッシュだった1970年代には、コンクリート材料が不足、海砂を使うケースも多くなり、多量の塩分を含んだ資材でつくられた建物がいまも多いといいます。 塩分を含んだコンクリート住宅は、鉄筋が錆びて膨張、ひび割れ、雨水が浸水して腐食がすすみ、やがて崩落などの大きな問題が発生します。 実際多くの事故が発生しているのは、みなさんご存知のことと思います。 通常コンクリート住宅の耐用年数は60年といわれますが、築30余年にして既に老朽化の激しい建築物もたくさんあります。 特に、塩害や台風にさらされる沖縄の風土では、コンクリート住宅の耐用年数は30~35年といわれるようになりました。

詳細はこちら→ 木造をススめる理由





-------------------------------------
三世代対応の長持ちする家
-------------------------------------



沖縄の気候風土に合わせた、伝統的な木造軸組工法+NEO-BASICⅢ


木造軸組工法は、日本家屋の伝統的工法として古くから使用されているもので、在来工法とも呼ばれ、現在でも日本の木造住宅の多くはこの方法で建てられています。
様々な立地条件や建築主のニーズに合わせた柔軟な間取り、増改築の容易性など、その利点は枚挙にいとまがありません。こうした利点は木造軸組工法の仕組みにあるのです。 木造軸組工法の基本的な仕組みは、土台の上に柱を建て、梁、桁、筋交いなどで骨組みをつくります。 上から掛かる垂直の加重に対しては柱、梁など縦と横の軸で支え、地震や強風など水平に掛かる加重に対しては、筋交いなどの斜めの軸で支えます。 柱や梁の位置、長さなどが自由に設計できるため、プランニングの自由度が高く、間取りやデザインの建物を造ることが可能です。
また、こうした理由から構造材の交換なども容易なため、補修や増改築・リフォーム、住む人のライフスタイルの変化に対しても比較的低コストでフレキシブルに対応できます。 現在では、補修金具などでそれぞれ強固にジョイントされ、伝統の工法に先進の技術をプラスして耐震性・耐久性を高めています。

詳細はこちら→ 三世代対応の長持ちする家




-----------------------------
安心と納得の家づくり
-----------------------------


構造体の瑕疵を20年間最大5,000万円まで保障!

●構造躯体(木材)に起因する賠償責任が発生した場合、20年間で最大5,000万円の大型賠償責任が付保されています。
●個人賠償責任保険付交通傷害保険特約も付いて、2年間最大1,000万円の補償
●第三者保証機関が引き受け。引受保険会社は大手の(株)損害保険ジャパン。

詳細はこちら→ 安心と納得の家づくり


-----------------------------
中部展示場OPEN
-----------------------------




お気軽にお電話ください。
0120-67-1331


資料請求はこちら

この企業の過去のイベントを見る

▲TOP