【マンション購入の基礎知識】駐車場ってきちんと見ていますか?

意外と便利さが如実に現れたりするものですから…

 

今日は駐車場に関してのお話をしますです。

駐車場は、居室以外の部分に相当します。つまり…「共用部分」という扱いになるのです。

それは、「使っていようがいまいが」固定資産税も、居住者全員が負担して支払う事になります。こちらご注意下さいね。「自分は駐車場を使っていないから」という事には基本ならない…という事です。

意外と多いそうです、「駐車場関連」の争議って…ご存じでしたか?車を持つ、持たないに関わらず(沖縄ではマンション住まいとは言っても、お車をお持ちになる方が殆どだとは思いますが)物件購入と必ず絡む大事な問題ですので、マンション全体の駐車場の契約状況など担当者に確認をするのが定石です。なんせ「マンション購入後の 3 大トラブル」の一つなのでした。

 

10430_a2c13a5088_ml

 

 

 

 

 

 

 

 

マンションの駐車場は「機会式」と「平置式」という 2 つの方式を利用するのが大半です。100 % 平置式が理想だと思いますが、一般的には機械式との併用の駐車場です。

平置式は良いのですが、機械式は、出し入れにかかる時間が重要になります。特に屋外に設置されている機械式の場合は、出し入れにかかると、雨の日などはかなり不便です。例えば台風の時なんかは本当に苦痛ですよね。

また機械式は維持管理、修繕の際にコスト高になります。平置式よりは駐車料金が高めというのが一般的です。当初は同額、あるいは安めに設定されていたとしても、マンション購入後に数年後「料金アップ」という可能性もあります。

あと、駐車場が地下にあったりする場合ですが、きわめて稀なケースとして、駐車場付近の排水管がつまり、雨で水没してしまったりしないか心配ではあります。大事なクルマが水没したりする危険がないかチェックはしておいた方が良いと思います。

最近は大きな車でも問題なく停められるスペースが確保されているのが殆どですが、やはり実際に停車してみて決めるのが良いでしょうね。停められはするけど「降りれない」なんて笑えませんから。

さらに、自分たちは良いのですが、「お客様」が来られた際に、招待した方にご不便な思いをさせないような駐車スペースが別途確保されているのかどうかもチェックが必要です。

お客様が車で来ることが出来ない…というのは結構、困りますよね。

以上、今回は駐車場スペースに関してのお話でしたー。

 

2014年3月27日 5:38 PM  カテゴリー: マンション

▲TOP