【ベットなら最低8畳は欲しい】それぞれの部屋は何畳が最適なんでしょうね?&ちょろっと収納の話。

寝室は何畳欲しい?

 

こんにちわ。てぃーだ住宅カレンダー編集部です。

 

家づくりで間取りって重要ですよね。

賃貸で部屋を借りるときももちろん重要。それが決め手であったりします。

 

間取りと言っても色々あるようで、

最近僕が知ったのは、あえて間仕切りを作らず、ドーンと大きな部屋を作るというもの。

取りあえずドーンと大きな部屋を作って、生活していくなかで間仕切りなどを作っていくというものらしいです。

 

なるほどと思いましたよ。その方が「初期の費用も抑えられる」かもしれませんしね。

ドーンと大きな部屋だけ作るやり方。

新築を検討の皆様、パートナーである工務店様に聞いてみてはいかがでしょうか?

 

とは言っても・・・やはり寝室位はしっかり作りたい。。。と僕は思いました。

 

■寝室は何畳位欲しいですか?

 

とはいえ、寝室はあまり広すぎるのはどうかなー?と思います。

 

広すぎるとなんだか眠れないような気がするのは僕だけでしょうか?

まぁー、狭すぎるよりまましだと思うのですが。

 

さて、いったい

寝室は何畳位が適当なのでしょうか?っとちょっと調べてみると。

 

8畳だそうです。

 

寝室は、ベットのスペースだけでなく「衣類の収納」などクローゼットが必要になってきます。

身支度や化粧台などのスペースも必要になるので8畳位は確保したいところだそうです。

と言ってもこれは「ベット」だったらの話。

 

布団なら?

 

6畳だそうです。

 

もちろん「押し入れ」は必要になってきます。

 

■寝室にはクローゼットが必須。

 

ちょっと考えたのですが、

やっぱ、寝室にはクローゼットは必須ですよね。

なぜなら、着替えることが多い部屋になるであろうから。

 

寝室に衣類収納がなく、隣の部屋まで取りに行かなくっちゃならない間取り。

めんどくささと言ったらありゃしません。

せっかく「新築」を建てるのですから、「生活しやすい間取りと収納を考えて設計」してもらったほうがよいでしょう。

 

毎日毎日のことです。

「生活の動線」を意識した設計って大事だよなーっと、想像が広がってきました。

 

■脱衣室にもちょっとした収納。

 

「生活の動線」や、「住みやすさ」を考えたとき思いついたのですが、

脱衣所にパジャマやバスタオルを置ける簡単な収納があったらいいなーと。

ホテルに泊まるとありますよね。特に沖縄のリゾートホテルの脱衣室はゴージャス。

タオルなどが置かれている簡単な収納が重宝します。

「あのリゾートホテルのような脱衣室の収納が欲しい!」

 

■ながーく住むいえですから。

 

このように、生活の動線を考えて間取りや収納を考えてみると結構面白かったりします。

生活しやすさを考えて収納の位置を決めていくと、その収納には何を収納するのかまで見えてきます。

 

例えば、トイレの収納にはトイレットペーパーやハンドタオルなど。

例えば、シャワー室の収納にはバスタオルとパジャマ。

 

上記のように、「この収納には〇〇を入れる。」と決めてから設計してもらえば、より効率的な収納やクローゼットが作れるのかもなーと思った今日この頃なのでした。

 

「家族が過ごしやすい間取り」「収納」「クローゼット」のこと。

「子育てがしやすい間取りや収納」なども有るらしいですよ。

家族会議重ねて、家族にとって一番いい間取りや収納の数と位置を決めていく。

「家づくりはそのプロセスも楽しむことだ!」

とは、とある工務店のスタッフより。

 

最後にちょろっと。

 

■他の部屋はいったい何畳程度がいいのか?

 

子供部屋は1人あたり4畳

 

 

水回りだと

 

浴室は2畳程度

 

洗面、脱衣室は2畳程度

 

トイレは1畳程度

 

これらの部屋は最低限の広さは確保して、リビングやキッチンなどはそれぞれの世帯に合わせた広さを考えていくことですね。

それでは皆さま

よい家づくりを♪

 

———————————————————————————-
楽しんでますか!

「家づくりのプロセス」を!

家族ででかける「モデルルーム」や「完成見学会」もそのプロセスのひとつです!

たのしみましょー!

てぃーだ住宅カレンダー
https://jyutaku.ti-da.net/
———————————————————————————-

2014年2月14日 10:54 PM  カテゴリー: てぃーだ編集部

▲TOP